七呂建設の高耐久住宅とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成7年に発生した阪神淡路大震災では兵庫県南部一帯の多くの家が倒壊し、尊い人命が失われました。その後も東日本大震災、熊本大地震など数多くの地震が発生し、多くの家が壊され、人命が失われたり、また助かっても家を失い仮設住宅で暮らす人がまだ数多くおられます。世界有数の地震大国日本ではどのような家造りを目指せば良いのかをテーマとして、幸せな家を研究する機関である住宅研究会が発足しました。
住宅研究会は家造りを天職とする日本全国約180社が参加し、七呂建設も平成18年から加盟している家造り研究ネットワークです。住宅研究会では世間の動きにいち早く反応し、地震に強い家の研究を続けて来ました。阪神淡路大震災が4回起きたとしても大丈夫な耐震、高耐久住宅を開発してきました。

七呂建設の高耐久住宅はなぜ強い

家の強さを徹底的に追い求めた結果、一般的な従来の木造軸組工法より2倍強さがあり、さらにこれに筋交を追加すれば5倍の強度が実現しました。どのような点が強いのか紹介します。
シロアリが逃げる豪州桧を外周部の土台に使用して、シロアリ被害による土台の弱体化を防止しています。豪州桧とはシロアリの薬剤処理が不要で、年輪が詰まって固くて腐食し難い材料です。
床下に乾燥した空気を絶えず循環させることで、木材の耐久性を高めています。家の中で最も傷みが激しいのが床下なので、ここに空気を流し続けることでシロアリや腐朽菌の繁殖を防ぎます。
また、鉄筋入りのベタ基礎工法を使っています。地震に対して強度が優れているばかりでなく、床下への土中の水分の侵入を防ぐことで木材を長持ちさせる作用があります。

高耐久住宅の強いワケとは

柱はしなりのある粘り強い国産材を使うことでより高い強度を確保しています。国産材を使用するということは、日本の荒れた山林を手入れして再開発する役目を果たすことで二酸化炭素の吸収を増やす効果も得ていることになります。
エコ気密パネルという壁倍率3倍の構造パネルを使い耐震性と耐久性を高めていることが挙げられます。エンジニアリングウッドの梁と国産柱による軸組の上に気密パネルを前面に張ることで地震に強い安全構造を構成しています。
また、1.5倍強いエンジニアリングウッドを梁として使用しています。粘り強い木材として耐荷重が優れた材料です。
高耐久住宅を開発する住宅研究会に加盟している七呂建設は、鹿児島県と近隣の県の人たちに耐久性と耐震性に優れた住宅を提供しています。

ピックアップ記事

七呂建設のお勧めリフォームとは

家を建ててしまったら少々不満な内容があっても新たに建て直したり、新規に別棟を購入したりはできません。家の中が古くなったからといって、十数年で建て替えできる人は少数です。こういう場合は、大抵はリフォーム...

ゼロエネルギー住宅を提供する七呂建設

現在も続く地球の温暖化、砂漠化は全世界の問題とされており、私たちを取り巻く環境はますます悪化しています。家庭部門でも二酸化炭素排出は32パーセントも増えており、住宅建築の地球温暖化対策を求められていま...

住宅ローンの負担を軽減できる七呂建設の家

夢のマイホームを手に入れて喜びが頂点に達すると、その後はマイナス要因として月々の住宅ローンが家計の負担に重くのしかかってきます。広くてきれいで自分の希望通りの家を建てるのは非常に難しいです。なぜなら希...

七呂建設の高耐久住宅とは

平成7年に発生した阪神淡路大震災では兵庫県南部一帯の多くの家が倒壊し、尊い人命が失われました。その後も東日本大震災、熊本大地震など数多くの地震が発生し、多くの家が壊され、人命が失われたり、また助かって...